時は永遠の旅人なり

日々の雑記から、趣味等を思いつくままに。
時は永遠の旅人なり TOP  >  スポンサー広告 >  日記 >  あれから一年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あれから一年

丁度一年前の今日。

多くの人が亡くなり、未だに行方不明の方々もいる東北地方太平洋沖地震が発生。

それにより引き起こされた東日本大震災。

この震災は自然の脅威を改めて現代人に叩き付けるのと同時に、

制御できない物には手を出さないこと強く思い知らしめました



大地震は中越沖を味わったことがあったけど、それと比べ物にならないくらい恐ろしかった。

特に今回は高層建造物の長周期地震動を経験したことと、津波の恐ろしさ実感したから。

高層建造物では地上より遥かに強く長く揺れる。

その上当然の如くエレベーターは使えなくなるので、必然的に階段を使用せねばならない。

普段の運動不足を激しく露呈した瞬間だった。

津波にあっては頭では理解していたけど、理解していただけだということがよく分かった。

津波警報が出たら、まず高台に逃げることが最重要であることを実感しました。



この地震と津波が原因で原発事故が発生した訳ですが、果たして何時収束するのかな?

原子力は人の手に余るものだとつくづく思う。

原子力発電所の廃止は賛成だけど、あくまでも段階的にやるべきだ。

いきなり全てを廃止したら、失業者が溢れると思う。

それに色々と経済的にヤバいような気がする。

なので古い原子炉は順次廃炉していき、その間に新たな発電システムを構築していくべき。

風力・地熱・潮力などがあるけど、地熱が日本に一番向いていると思う。

しかし、それには色々と高い壁があるようだけど……

それと震災で発生した瓦礫の撤去を早く実施すべき。

これはオールジャパンで実施しないと意味がない。

そのためには各自治体でもっと積極的に瓦礫を受け入れて欲しい。

勿論、各自治体は基準値を厳守し、その状況を住民に詳細に説明する必要は在ると思うが。

だから、それに反対するというようなことは止めてもらいたいなー。

少なくとも、誰かが請け負わなくてはいけないことなのだから。



一年経ったがまだまだ復興は道半ば。

一歩一歩着実に前に復興へと進むためには、もっと政治家たちが努力すべきだと思う。

権力闘争は止めて、与党・野党一丸となってもらいたいが、無理っぽい気がするのは何故?

そんな頼りない政治家達に比べて、天皇陛下の存在はもの凄く心強く思います。

やはり、天皇陛下は日本の象徴であることを、この一年でまざまざと感じました。




最後に――

亡くなった多くの人々に謹んでご冥福を祈ります。

そして、東北地方、そして日本がまた不死鳥の如く甦ることを願います。


スポンサーサイト
[ 2012/03/11 14:46 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

allycs

Author:allycs
このブログの管理人です。
生まれは東京だが、現在は埼玉在住。
「明日の君と逢うために」スピンアウトでは、スキュラという名で作品を出させていただいています。
気が向いた時にでも、一読して戴ければ幸いです。

ガンダム名言録
検索フォーム
QRコード
QRコード
バナー
テレビアニメ「イクシオン サーガ DT」スペシャルサイト

『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』を応援中!

『恋騎士 Purely☆Kiss』を応援中!

『閃乱カグラ -少女達の真影-』オフィシャルサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。