時は永遠の旅人なり

日々の雑記から、趣味等を思いつくままに。
時は永遠の旅人なり TOP  >  スポンサー広告 >  旅・風景 >  近江旅日記②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

近江旅日記②

2日目(7月20日)は、安土町長浜市


最初は、安土町を訪れました。

織田信長像


安土と言えば、戦国の覇王・織田信長の最後の居城。

もし、彼が天下を取っていれば、この安土ももっと栄えていたんだろうなー。

そう考えてしまうくらい、すごく長閑な田園風景が広がっていました(笑)

安土城址を向う途中、こんな場所を見つけました。

セミナリヨ跡


セミナリヨと呼ばれる学校の跡地。

見た感じ猫の額くらいに狭いスペース。

きっと本来はもう少し広いのかなと思ったり。


さて、本来の目的地安土城がある安土山が見えてきました。

安土山


思った以上に大きな山でした!!

入山料(500円)を払って入山すると、最初に通る場所が、大手通

安土城(大手通)


他の城郭に比べて、道幅がスゴク広い。

山に造られているので結構歩きにくかったです。

途中に石仏が埋まっており、築城時の様子が窺えます。

二の丸付近はこんな感じ↓

安土城(二の丸)


このような石垣を見ると、近世城郭の始まりは、ここ安土城から始まったんだなと実感。

更に登っていくと、天主跡に着きました。

安土城(天主跡)


他の城郭では【天守】と書かれますが、ここでは【天主】が正しいです。

そして、天主跡から眺める琵琶湖の風景は絶景でした。

琵琶湖(安土城から)


晴れた日であれば、もっと美しい風景が見れたかと思うと残念です。

そして、天主閣の最上階から眺めたら、更に絶景かな。

その後、繖(きぬがさ)山の麓にある滋賀県立安土城考古博物館

安土城天主信長の館に行きました。

繖(きぬがさ)山


写真の中央にある目立つ建物群がそれになります。

安土城天主信長の館には、セビリア万博で再現された安土城の天主閣があります。

写真は撮れなかったけど、スゴク綺麗な建物。

戦国時代の日本としては、スゴク奇異に映る外観ですけど。

だけど、壁面に描かれているのは、古代中国史をモチーフ。

和中洋折衷された当時の最先端というか、信長の美意識がスゴイんだろうなと感じました。

当初の目的は、繖(きぬがさ)山にある観音寺城を訪れる予定でしたが、諸般の事情で断念。

いつかリベンジするつもりです!


安土町には食べるところはあまりないので、一度近江八幡に戻り。

そこで、念願の近江牛のステーキを食べました♪

ティファニー


近江八幡駅から徒歩2分ほどの場所にあるティファニーというお店です。

久しぶりに、水をワイングラスに注ぐちゃんとしたレストランに入りました(笑)


ランチを取った後、当初予定していた場所に行こうとしたら――

電車の運行中止というオチが待っていました(泣)

なので、予定を変更し、次の宿泊地である長浜市へ向いました。

ここ長浜は、豊臣秀吉が最初に開いた街でもあり、

豊臣秀吉像


秀吉が石田三成と出会ったのも、長浜城主時代と云われています。

秀吉と三成の出会い像


だから、駅前には「三杯の茶」を再現した↑のような銅像がある訳で。

しかし、この話自体が創作ですからねー

そもそも、この地で仕えたという訳ではないとする史料もあるようで。

長浜城は前述したように秀吉が築城していますが、後に山内一豊が入城もしています。

長浜城


しかし、残念なことにこの城の天守も再現された城。

なので、中は資料館となっている典型的な再現された天主閣。

ただ、琵琶湖に面しており、丁度夕方だったこともあり、写真をパシャリと。

琵琶湖(長浜市)


雲が多かったけど、時折夕陽が差し込み、その光を反射する湖面はキレイでした。

まぁ、その状態だと逆光で上手く写真は撮れないというオチが待っているのだが(笑)


その後近くにある黒壁スクエアで土産物を探したりしていました。

その内夕食の時間になったので、黒壁スクエア内のせんなり亭近江牛 橙で夕食を採りました。

昼に引き続き、

せんなり亭


近江牛のステーキを食べてきました♪

しかし、焼きたての近江牛は柔らかくてスゴク美味しかったです。

流石普段食っている肉より、グレードが高いお肉だぜ!!

こんな肉を食ってばっかだと、普通のお肉が食えなくなってくるな(笑)




2日目は概ねこんな感じです。

3日目はまた次回の更新でupする予定です。












>トイプードルさん
トイプードルさん、始めまして~
その土地の歴史を知る旅は面白いですよ。
近江といっても、今回は湖東・湖北地域しか行けていないですが。
それに琵琶湖がとても綺麗なので、是非一度訪れてみてください。
スポンサーサイト
[ 2011/07/22 16:26 ] 旅・風景 | TB(0) | CM(1)
こんにちは~
近江の歴史ある場所めぐり
楽しそうですね~
私も行ってみようかな~
[ 2011/07/22 17:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

allycs

Author:allycs
このブログの管理人です。
生まれは東京だが、現在は埼玉在住。
「明日の君と逢うために」スピンアウトでは、スキュラという名で作品を出させていただいています。
気が向いた時にでも、一読して戴ければ幸いです。

ガンダム名言録
検索フォーム
QRコード
QRコード
バナー
テレビアニメ「イクシオン サーガ DT」スペシャルサイト

『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』を応援中!

『恋騎士 Purely☆Kiss』を応援中!

『閃乱カグラ -少女達の真影-』オフィシャルサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。