時は永遠の旅人なり

日々の雑記から、趣味等を思いつくままに。
時は永遠の旅人なり TOP  >  スポンサー広告 >  映画 >  Thirteen Asassins

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Thirteen Asassins

木曜日に引き続き、今日も映画を観てきました。

本日観たのは、

十三人の刺客

というこれまた幕末を部隊にした映画。

こっちは完全にフィクションですけどねー。

一応リメイク作品みたいですけど、本家の方は全く知らないですけど。

まぁ、自分が生まれる一回り前以上頃に公開されたので、知らなくて当然だな。

大まかな感想は、「七人の侍」や「荒野の七人」と似ているかなー。

ただ、「七人の侍」や「荒野の七人」のイメージは、

だが本作品のイメージは、だと感じた。

まぁ、タイトルに刺客と付いているので、当たり前か(笑)

しかし、流石は年齢制限(PG-12)が掛かっているだけあったなー。

おっぱいが出ていたり、後を掘られたりする場面もあったっけ。

それ以外にもグロいシーン(生首や手足を切られた女性とか)もあるし。

これで年齢制限が掛かっていなかったら、逆に驚くよ。

でも、なんといっても最大の見所は、

13人 VS 200人 の迫力ある殺陣。

息もつかせぬ殺陣の連続には、とても興奮した!

映画の大画面で観るからこその大迫力といった感じ。

これをテレビで観たら、その迫力が伝わらないような気がする。

ただ、この殺陣シーンもちょい違和感があるんだよなー。

敵の数が200人以上いるような気がする。

一人がやたら斬り殺していたことを考えると、なんとなくおかしいと思うだけど……。

加えて、酷薄な殿様役にジャニーズを当てるとは、結構大胆な配役。

基本的にジャニーズは、ドラマや映画で悪役のイメージがないからなー。

でも、今回のSMAPの稲垣吾郎の悪役ぶりは嵌っていたと思う。

全体的にテンポもよかったので、あっという間の二時間半でした。

まぁ、最初の10分は映画の予告だけどねー。
スポンサーサイト
[ 2010/11/06 20:03 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

allycs

Author:allycs
このブログの管理人です。
生まれは東京だが、現在は埼玉在住。
「明日の君と逢うために」スピンアウトでは、スキュラという名で作品を出させていただいています。
気が向いた時にでも、一読して戴ければ幸いです。

ガンダム名言録
検索フォーム
QRコード
QRコード
バナー
テレビアニメ「イクシオン サーガ DT」スペシャルサイト

『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』を応援中!

『恋騎士 Purely☆Kiss』を応援中!

『閃乱カグラ -少女達の真影-』オフィシャルサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。