時は永遠の旅人なり

日々の雑記から、趣味等を思いつくままに。
時は永遠の旅人なり TOP  >  スポンサー広告 >  旅・風景 >  地元探訪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地元探訪

実家の周りにある史跡をぶらぶらと探訪してきました。

何で真夏にこんなことをやっているんだろうか(笑)


松蔭神社1

松蔭神社2

一番目に訪れたのは、松蔭神社

実家の近くにあったのに、何故か今まで一度も訪れたことがないんですよねー。

不思議なことだ(苦笑)

安政の大獄で刑死した幕末の思想家・吉田松陰を奉った神社です。

山口県の萩市にもありますけど、ここ東京都世田谷区にもあります。

なぜこの地にあるのかというと、吉田松陰のお墓があるからです。

しかし、当時の長州藩士は何故この地に葬ったのだろうか?

だって、この地を治めていたのは……。





豪徳寺1

豪徳寺2

次に訪れたのが、豪徳寺

写真から分かるように、ここには井伊直弼が葬られています。

正しくは、井伊家の菩提寺なんですよね。

そして、先の松蔭神社から徒歩で15分くらいの位置にあります。

安政の大獄で敵対する井伊直弼と吉田松陰が同じ地に眠っているんですよねー。

なんという歴史の皮肉なんだろうか。

あと、井伊家の墓所が国の史跡に昇格していたことにビックリ!!

招き猫の豪徳寺

ちなみにこの豪徳寺。

招き猫の発祥の地の一つとされています。

ここでは「招福猫児(まねぎねこ)」と呼ばれています。

この社の横手(写真だと左手)には多数の招福猫児が奉納されています。




世田谷城址公園

最後に訪れたのが、世田谷城址公園

吉良氏の居城で、中世の城郭なため、石塁と空堀で構築されています。

先に上げた豪徳寺の付近に本丸があったと云われています。

ちなみに、この吉良氏は忠臣蔵で有名な吉良氏とは別の系統です。

なお、世田谷城は、小田原の役後に廃城になりました。

モーニングで隔週で掲載されているへうげものにも登場していますよ。

何巻だったか忘れたけど(苦笑)
スポンサーサイト
[ 2010/08/21 22:12 ] 旅・風景 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

allycs

Author:allycs
このブログの管理人です。
生まれは東京だが、現在は埼玉在住。
「明日の君と逢うために」スピンアウトでは、スキュラという名で作品を出させていただいています。
気が向いた時にでも、一読して戴ければ幸いです。

ガンダム名言録
検索フォーム
QRコード
QRコード
バナー
テレビアニメ「イクシオン サーガ DT」スペシャルサイト

『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』を応援中!

『恋騎士 Purely☆Kiss』を応援中!

『閃乱カグラ -少女達の真影-』オフィシャルサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。