時は永遠の旅人なり

日々の雑記から、趣味等を思いつくままに。
時は永遠の旅人なり TOP  >  スポンサー広告 >  三国志 >  三国志初心者講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三国志初心者講座

本日は――
三国志を未見、またはゲーム等で興味をもったという初心者の方への、お薦めする本等を紹介します♪
(注:あくまでも、allycsの独断と偏見によって選んで在ります)

さて、三国志初心者にお薦めなのが――

■三国志(作:横山光輝)
 これは言わずと知れた故横山光輝先生の作品であり、三国志ファンなら誰もが読んだ漫画だと思います。
 単行本で60巻、文庫版で30巻という超大作です。
 でも、それだけの価値がある漫画だと思います。
 小説は取っ付き難い方には是非お薦めです♪
 ただ、この作品は劉備と諸葛亮といった蜀陣営が主役となっています。
 従って、曹操と袁紹との決戦である官渡の戦い蜀滅亡後は一切描かれていないですけど……

■人形劇 三国志(NHK)
 これは、かつてNHKで放映されていた三国志の人形劇です。
 多分、レンタルDVDとかがあると思います。
 なんといっても、川本喜八郎氏の綺麗な人形が特徴です。
 また、この作品のナレーションには、島田紳助、松本竜介が行っている事も有名な話です。
 これも、蜀陣営を主役にしているため、
 必然的に魏や呉の武将は完全な悪役になっているのが欠点ですけど(苦笑)

■三国志(作:吉川英治)
 宮本武蔵を書いた故吉川英治氏の代表作ともいえる小説です。
 また、この小説をベースにしたのが、上記でも上げた横山光輝 三国志です。
 この作品も比較的読みやすいのでお薦めです。
 話的には、桃園の誓いから五丈原の戦いまでを描いています。

■三国志演義
 勿論、原作の三国志演義を読むのが一番なのかもしれませんね♪
  ・ちくま文庫からは、井波律子訳全7巻
  ・徳間文庫からは、立間祥介訳で全4巻
  ・岩波文庫からは、小川環樹他訳で全8巻
 が刊行しています。
 ちなみに、私自身は徳間文庫版の三国志演義を読みました。

以上の四作品あたりが取っ掛かりとしては充分かなと思います。
これ以外にも三国志に関する作品は多々あります。
例えば――

 ■蒼天航路(原案・李學仁、漫画・王欣太)
 曹操を主役として扱った漫画。
 単行本36巻、文庫本18巻。
 この作品は、今までの曹操のイメージを180度覆した漫画と言っても過言ではない。
 ただ、この作品を読むに当って、ある程度原作を知ってから読むと楽しめると思う。
 従って、個人的には初心者向きではないかなと思ったりもする。

三国志に関しては、本当に様々な媒体で世に出ているので紹介しきれません。
だから、自分が挙げた物以外にも良作はあると思います。
それを探すのもまた楽しいかなー。

と、これ以上は話が尽きなくなるので、今回はここで終了です。
スポンサーサイト
[ 2009/08/02 00:44 ] 三国志 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

allycs

Author:allycs
このブログの管理人です。
生まれは東京だが、現在は埼玉在住。
「明日の君と逢うために」スピンアウトでは、スキュラという名で作品を出させていただいています。
気が向いた時にでも、一読して戴ければ幸いです。

ガンダム名言録
検索フォーム
QRコード
QRコード
バナー
テレビアニメ「イクシオン サーガ DT」スペシャルサイト

『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』を応援中!

『恋騎士 Purely☆Kiss』を応援中!

『閃乱カグラ -少女達の真影-』オフィシャルサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。