時は永遠の旅人なり

日々の雑記から、趣味等を思いつくままに。
時は永遠の旅人なり TOP  >  スポンサー広告 >  映画 >  三億円事件の犯人は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三億円事件の犯人は?

7月3日に封切られた

ロストクライム -閃光-

を観に行ってきました。

同時期に封切られた『踊る~』に観客を獲られたのか、新作なのにガラガラ(苦笑)

観客層も中年・年配の方が多かったなー。

やはり、三億円事件を生で知っている人たちなのかな?



三億円事件とは――

昭和43年(1968)12月10日に東京都府中市で起きた窃盗事件。

そして、昭和犯罪史上最大のミステリと呼ばれる事件。

偽白バイ警官が現金輸送車に「爆弾が仕掛けられた」と言い、車を停止させた。

その後、現金輸送車に発炎筒を仕掛けて、爆弾と見せかけ行員を降ろした。

行員が見守る中、現金輸送車を奪って逃走した。

被害額は3億円(現在だと約20~30億円)。

特筆すべき点は、犯行時誰一人怪我を負わせることなく強奪したという点。

これは犯罪史上類を見ない事件。(但し、後に冤罪報道等で自殺した人もいるが……)

昭和の名刑事と呼ばれた平塚八兵衛、最後の事件。

犯人も複数浮上したが決め手になるものはなく、7年後に時効を迎えた。

その原因として考えられるのは、

警察の初動捜査におけるミスと、大量生産大量消費時代を迎えていたetc

が考えれる。





さて、本作はとある殺人事件の被害者が三億円事件に関与していると気付いた

老刑事と若い刑事がその背後に隠された闇を明らかにしていくというもの。

その闇というのが、警察組織の隠蔽体質というヤツ。


それにしても、ここ最近警察の隠蔽体質を映画にした作品が多いなー。

「笑う警官」とかも、そうだったし。

そういえば、両方とも角川映画だよ。

角川は警察に何か思うところがあるのかな?
スポンサーサイト
[ 2010/07/04 19:49 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

allycs

Author:allycs
このブログの管理人です。
生まれは東京だが、現在は埼玉在住。
「明日の君と逢うために」スピンアウトでは、スキュラという名で作品を出させていただいています。
気が向いた時にでも、一読して戴ければ幸いです。

ガンダム名言録
検索フォーム
QRコード
QRコード
バナー
テレビアニメ「イクシオン サーガ DT」スペシャルサイト

『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』を応援中!

『恋騎士 Purely☆Kiss』を応援中!

『閃乱カグラ -少女達の真影-』オフィシャルサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。