時は永遠の旅人なり

日々の雑記から、趣味等を思いつくままに。
時は永遠の旅人なり TOP  >  三国志

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人の執念恐るべし!!

三国志の英傑の一人、魏の曹操(155-220)の墓が見つかったらしいですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091227-00000019-scn-cn

曹操といえば、三国志演義の影響で悪役のイメージが強いですけど、

優れた武人・政治家・詩人でもある人物です。

三国志の中でも、尊敬できる人物の一人です。

彼がいなければ、中国の歴史もだいぶ変わったと思います。

彼を評する言葉に、月旦評という言葉の語源となった許劭(150-195)が、

子治世之能臣亂世之奸雄 
(治世の能臣、乱世の奸雄)


と評したのが有名です。

正にそのとおりの活躍をした人物だと思います。

武将や政治家としての活躍は言わずもがな。

詩人としても有名で、息子の曹丕(187-226)、曹植(192-232)らとともに、

建安文学として、中国の詩の様式を決めたと言っても過言ではありません。

※建安文学には、建安七子(孔融・陳琳・徐幹・王粲・応瑒・劉・阮瑀)もおり、彼らだけではありません。



そんな曹操ですが、自分の死後、墓が盗掘に遭わないようにたくさんのダミーの墓を用意しました。

それが、曹操の死後、1800年近く経って発見されるのですから、

曹操もあの世から人間の執念に、舌を巻いていそうですね(笑)

何故、曹操の墓であると断定したのかというと、

①遺骨は60代男性のもの

 曹操は66歳で亡くなっているので、合致。

②魏武王と書かれた石碑があった

 曹操が死去した時、後漢王朝から魏王に封ぜられており、諡号(しごう)として武王を贈られたからです。

 偶に、曹操が皇帝になった勘違いしている人がいますけど、

 魏の初代皇帝は息子の曹丕です!!

③出土品がその頃の年代のものである

 etc



といった具合で、発見された墓が曹操のものであると断定したみたいです。
スポンサーサイト
[ 2009/12/28 11:26 ] 三国志 | TB(0) | CM(0)

反三国志演義を知っていますか?

反三国志演義――所謂、三国志演義のスピンオフ作品。

作者は、周大荒(1890~?)。

もし、貴方が劉備や諸葛亮といった蜀陣営のファンであればお勧めの作品かもしれません。

その代わり、曹操や孫権のファンにとっては、面白くない作品だと思います。

蜀の武将が縦横無尽の活躍をして、曹魏、孫呉を滅ぼして天下統一するのですから。

魏・呉の武将は軒並み戦死(しかもあっけない場合が多い)してしまう等、冴えない扱いになっています。



物語は、徐庶が劉備の元を去って行く所から始まります。

演義では、そのまま曹操の配下になってしまうところですが、

なんと諸葛亮が手を回して、徐庶の母親を救出され、徐庶がそのまま劉備の配下になります。

そう、劉備の配下に、諸葛亮、龐統、徐庶の三大軍師が集います。

そこから、劉備たちの快進撃が始まります。

なお、演義とは違い、劉備は劉表から荊州を受け継ぎます。

その後、益州を支配下に置いた劉備は、魏に侵攻していきます。

それに危機感を感じた魏と呉は同盟を結んで蜀に対抗しますが――

全て全て裏目に出るというか、大敗を繰り返して次々と有力な武将が戦死していきます。

一方、蜀は繰り出す計略が全て大当たりし、不敗神話が続きます。

特に活躍するのが、趙雲、馬超、魏延。

意外なことに、関羽、張飛が活躍しません(笑)

あと演義では扱いが存在な武将が活躍するのも本書の特徴ですね。

張繍(賈詡の元主)――物語序盤で呉に投降し、呉の騎馬隊を率いる。

向寵(演義では、出師表で記述があるのみ)――荊州にて、呉の水軍を防ぐ。

といった具合です。

また、黄忠の息子・黄叙、厳顔の息子・厳寿や、

孔明の荊州時代の知己である崔州平や龐徳公の息子なども登場します。

また、最大の特徴が、三国志の終盤に登場する武将(姜維、艾、鍾会、司馬師、司馬昭)が、

劉備や曹操たちと同じ時代に生きている点です。

特に劉禅の子供である劉が劉備の跡を継ぐのには、いくらなんでも無理がありすぎです(苦笑)

ちなみに、その劉禅ですが、蜀陣営で唯一非業の死を遂げます。

そこまで嫌わなくてもいいだろうと思います。

最終的に、蜀が天下統一を果たすことになります。

だからと言って、曹操や孫権の血筋が絶えたという訳ではなく、

曹操の息子・曹彰が北方で、孫権の息子が南方の島でそれぞれ生き延びています。


大まかなあらすじはこんなところでしょうか。

もし、当方のブログを読んで興味があったら読んでみては如何でしょうか?

講談社から「反三国志」、光栄からは「超三国志」というタイトルなので探してみてください。









[ 2009/11/11 20:59 ] 三国志 | TB(0) | CM(1)

三国志初心者講座

本日は――
三国志を未見、またはゲーム等で興味をもったという初心者の方への、お薦めする本等を紹介します♪
(注:あくまでも、allycsの独断と偏見によって選んで在ります)

さて、三国志初心者にお薦めなのが――

■三国志(作:横山光輝)
 これは言わずと知れた故横山光輝先生の作品であり、三国志ファンなら誰もが読んだ漫画だと思います。
 単行本で60巻、文庫版で30巻という超大作です。
 でも、それだけの価値がある漫画だと思います。
 小説は取っ付き難い方には是非お薦めです♪
 ただ、この作品は劉備と諸葛亮といった蜀陣営が主役となっています。
 従って、曹操と袁紹との決戦である官渡の戦い蜀滅亡後は一切描かれていないですけど……

■人形劇 三国志(NHK)
 これは、かつてNHKで放映されていた三国志の人形劇です。
 多分、レンタルDVDとかがあると思います。
 なんといっても、川本喜八郎氏の綺麗な人形が特徴です。
 また、この作品のナレーションには、島田紳助、松本竜介が行っている事も有名な話です。
 これも、蜀陣営を主役にしているため、
 必然的に魏や呉の武将は完全な悪役になっているのが欠点ですけど(苦笑)

■三国志(作:吉川英治)
 宮本武蔵を書いた故吉川英治氏の代表作ともいえる小説です。
 また、この小説をベースにしたのが、上記でも上げた横山光輝 三国志です。
 この作品も比較的読みやすいのでお薦めです。
 話的には、桃園の誓いから五丈原の戦いまでを描いています。

■三国志演義
 勿論、原作の三国志演義を読むのが一番なのかもしれませんね♪
  ・ちくま文庫からは、井波律子訳全7巻
  ・徳間文庫からは、立間祥介訳で全4巻
  ・岩波文庫からは、小川環樹他訳で全8巻
 が刊行しています。
 ちなみに、私自身は徳間文庫版の三国志演義を読みました。

以上の四作品あたりが取っ掛かりとしては充分かなと思います。
これ以外にも三国志に関する作品は多々あります。
例えば――

 ■蒼天航路(原案・李學仁、漫画・王欣太)
 曹操を主役として扱った漫画。
 単行本36巻、文庫本18巻。
 この作品は、今までの曹操のイメージを180度覆した漫画と言っても過言ではない。
 ただ、この作品を読むに当って、ある程度原作を知ってから読むと楽しめると思う。
 従って、個人的には初心者向きではないかなと思ったりもする。

三国志に関しては、本当に様々な媒体で世に出ているので紹介しきれません。
だから、自分が挙げた物以外にも良作はあると思います。
それを探すのもまた楽しいかなー。

と、これ以上は話が尽きなくなるので、今回はここで終了です。
[ 2009/08/02 00:44 ] 三国志 | TB(0) | CM(0)

違う角度から評価する

皆さんは 劉禅 という人物を知っていますか?

劉禅(207~271年)
字(あざな)は公嗣。
三国志演義の主人公ともいえる劉備の子供であり、
劉備の跡を継いで、蜀(漢)の二代目皇帝と同時に最後の皇帝。

この人物は、三国志演義では暗愚・無能な人物として描かれています。
何故、彼がこのような人物評価を受けるかというと、
端的に言えば、国を滅ぼしたことに他ありません!

確かにその一面だけを見れば、彼は暗愚で、無能な人物であるかもしれません。
しかし、よくよく考えてみてください。
蜀(漢)という国は、221~263年という約40年という短命で滅びた王朝です。
その内、劉備が皇帝であった期間は、221年からの僅か三年
つまり、劉禅は約40年間国を統治してきた訳です。

えっ、なになに……。
劉備の死後、諸葛亮がいるだろと仰る貴方。
諸葛亮が丞相として、国を引っ張ってきたのは234年までです。
つまり、諸葛亮が亡き後、三十年近く国を統治していたと考えれば――
彼をただ暗愚で無能であるという評価を受けるのは、疑問が残ります。

なお、蜀が滅びた原因は――

・宦官黄皓の重用による悪政
・度重なる北伐の失敗による国力の疲弊

だと考えています。

ちなみに、三国の蜀以外の国での滅亡の原因は――


・司馬懿を筆頭とした司馬一族の専横
・司馬氏の専横に対する諸将(諸葛誕や毋丘倹等)
・皇帝(曹髦)によるクーデター
・司馬炎による帝位の簒奪


・孫権の後継者争い(二宮事件)
・陸遜の憤死
・皇帝 (孫晧)の暴虐

が原因だと、個人的に思っています。

こうして比較してみると、
蜀は皇帝に対する不満簒奪といった出来事で滅びた訳ではなく、
どちらかというと、国力の低さにより滅ぶべくして滅んでしまったのだと思います。
(蜀のファンの方、ごめんなさい!)

そして、演義とかでは、その原因を全て劉禅一人に押し付けた感がやや否めません。

三国志を編纂した陳寿は、劉禅を次のように評しています。

白い糸は染められるままに何色にも変ずる

つまり、周り次第で良くも悪くもなるという評価です。
このような人物は、貴方の周りにも居ませんか?

もし、劉禅が乱世の君主ではなく――
太平な世の君主であれば、凡庸な君主と評価されたのかもしれませんね。

彼の最大の不幸は、
乱世の時代に君主となり、
そして、劉備という英雄の息子として生まれたからなのかもしれません。





[ 2009/07/24 21:04 ] 三国志 | TB(0) | CM(3)
プロフィール

allycs

Author:allycs
このブログの管理人です。
生まれは東京だが、現在は埼玉在住。
「明日の君と逢うために」スピンアウトでは、スキュラという名で作品を出させていただいています。
気が向いた時にでも、一読して戴ければ幸いです。

ガンダム名言録
検索フォーム
QRコード
QRコード
バナー
テレビアニメ「イクシオン サーガ DT」スペシャルサイト

『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』を応援中!

『恋騎士 Purely☆Kiss』を応援中!

『閃乱カグラ -少女達の真影-』オフィシャルサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。